ばらんす・カード

東洋医学の五行論に基づいた、見るだけで元気になる、ヒーリングアートです。

クリックで拡大表示します。

緑.jpg

赤富士.jpg

安心.jpg

赤.jpg

開花.jpg

大丈夫.jpg

金.jpg

世界一.jpg

チャンス.jpg

白.jpg

ひまわり.jpg

ありがとう.jpg

黒.jpg

豊かさ.jpg

満足.jpg

「不要なものを削除する」のが西洋医学だとしたら、
「加減してバランスをとる」のが東洋医学です。

中国思想「五行論」は
「木・火・土・金・水」の五つの要素がバランス良く調和して、
自然界全てが成り立っているという考え方です。

宇宙のあらゆるものが五つに分類され(下段参照。これはごく一部です)、
互いに助け合ったり、抑え込んだりする関連性を持っています。

例えば目の調子が悪い時、表の中から「目」を探します。
すると「木」の行にありますね。
そこで木の行にある要素を自分の中に取込むのです。
青(緑)色を見る、麦を食べる、肝臓をいたわる、怒りを解消する… などなど。

胃の不調なら「土」の行にある要素を、という要領でバランスをとり、
身体を中庸に戻してゆきます。