快適に過ごせる書斎のレイアウト事例をご紹介します!

日本の部屋にも書斎と呼ばれるものは昔からありますが、これは男性がとても重要にしている場所です。

書斎と言えば、小説家をイメージする人がいるかもしれません。

名前の通り、そこには沢山の本が並んでおり、しかも小説を書くための椅子と机が置いてあるわけです。

昔ながらの地面に近い形になっており、高さもそれほどありませんが最近はそのような形が少しずつ変わってきていると言えるでしょう。

具体的には、小説を書くための部屋と言うのはほとんどなく、何か勉強するための部屋や趣味に取り組むための部屋などになっているケースが多いです。

特に最近は、趣味に取り組むための部屋になっているケースが多く、そこには趣味のものが並べてあるわけです。

男性であれば、プラモデルなどを趣味としている場合、そこで作業するわけです。

いわゆる作業部屋と呼ばれるものがこれに該当するかもしれません。

そしてなんといっても特徴は、部屋が狭いことと言えるでしょう。

普通の部屋であれば、畳が6枚分位の部屋になっていますが、所在と言われるところは畳が3枚程度しかなく、こじんまりとしているのが特徴といえます。

なぜ狭いのかは、あまり明確な理由は無いものの1つは部屋を広くする必要はないといえます。

何かを作業するのであれば、特にそこまで大きな部屋は必要ないことから、畳が3枚あるいは2枚しかないようなところも少なくないわけです。

そしてたいていは、そこまで日当たりが良いところではありません。

もちろん日当たりが良いところがダメと言うわけではなく、日当たりの悪い日がであってもライトがしっかりついているが作業するのに何ら問題は無いわけです。

窓に関しても、レイアウトとしてはついていた方が良いでしょう。

窓が全くないところは、独房のようになってしまいあまり良い雰囲気ではないといえます。

ただし、窓をつける場合もそれほど大きなものは必要ありません。

高さが180センチ位あるものは必要なく、高さが60センチから80センチぐらいあれば充分といえます。

一般的に、普通の部屋に付いているものやそれより小さなものでも全く問題ないといえます。

この辺はおしゃれにして、丸いものを利用する方法もあるわけです。

あるいは、思い切って和風のものにしてみても良いかもしれません。

そして、作業をするときに狭いスペースが良いと言うのは、やはり集中しやすいからと言えるでしょう。

よく、勉強をする場合あるいは何かテスト前で暗記をする場合には、トイレにこもった方がやりやすいと言われています。

俺は狭いところが好きだからと言う理由もあるかもしれませんが、すべての人が狭いところが好きなわけではありません。

それよりも、狭い場所の方が余計にものが置かれておらず気が散らないため集中できるといえます。

趣味の部屋にする場合や、読書をする場合であっても、周りに何かものが必要な事はあまりありません。

もちろん趣味に関しては、場合によってはある程度のスペースがなければ苦しい場合もありますが、そうでなければ必要最低限の広さで充分といえます。

レイアウトとしては、とにかくものをできるだけおかないことが重要になります。

ディスクを置いても良いかもしれませんが、何をするかによってその形が異なっても良いかもしれません。

例えばプラモデルなどを作る場合であれば、背の高い椅子などが良いかもしれません。

地べたに座ってしまうと腰を痛める可能性があります。

そのために座椅子などを用意して、背もたれを用意しておくと良いでしょう。

ただあまり背もたれがリクライニングをしすぎていると、星を痛めてしまう可能性があるため、この辺はその人の経験によって変わってきます。

関連記事

  1. 東京都|理想の家具が揃うインテリアショップをご紹介いたします

  2. 愛知県|理想の家具が揃うインテリアショップをご紹介いたします

  3. 賃貸でも安心な和室を洋室化する方法をお教えします!

  4. ステンレス製のインテリアでスタイリッシュなお部屋を実現しよう!

  5. 北欧スタイルのインテリアコーディネート実例をご紹介!

  6. ヴィンテージスタイルのインテリアコーディネート実例をご紹介!

  7. 神奈川県|理想の家具が揃うインテリアショップをご紹介いたします

  8. 家の印象を決める玄関のおしゃれなインテリアコーディネートとは?

最近の投稿

カテゴリー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

関連リンク

  • ギャラリーとんぼ

    お家の片付けをしていたら出てきたなんだか古そうな美術品や骨董品。もしかしたら高く売れるかもしれません。「ギャラリーとんぼ」で無料査定してみませんか?経験豊富な目利きがしっかりと鑑定してくれます。処分する前に一度相談してみてください。

    www.gallery-tonbo.com/

PAGE TOP