〈ローソファ〉和室と相性の良い理由を詳しく解説します

日本の住宅は以前までは和室が当たり前のようにありましたが、近年ではフローリングが主流となってだんだんと見かけなくなってきています。

とは言え懐かしい気持ちになり、よりリラックスしてくつろぐことができるのがメリットとも言えるでしょう。

西洋化が進んでいる現代のライフスタイルにおいては、場合によっては物置になっていたり、誰も使うことなく持て余していることもあるかもしれません。

しかしそこにソファーを置くことにより、使い勝手の良い部屋に変身します。

ソファーといっても様々な種類のものがありますが、その中でもぴったりなものは座面の低いローソファと言えるでしょう。

洋風なインテリアでありながらも、1階にも和室とも相性がピッタリです。

なぜ和室とローソファの相性が良いのかと言うと、それは調和させる低さが挙げられます。

ソファは洋風のインテリアであり、畳屋襖に囲まれているものが和室です。

この2つを合わせるとテイストがちぐはぐな部屋になってしまうと思う人も多いかもしれませんが、実はソファの選び方を抑えることにより、洋室には真似できないようなおしゃれな雰囲気を作り上げることが可能です。

座面の低い道ソファーを選ぶのが1つであり、畳とソファ、高さの差をなくすことにより、見た目のアンバランスがなくなるので、朝はしやすくなるでしょう。

畳とローソファは行か暮らしに根付いたアイテムであるため、相性が良いのは自然なことです。

背の高いそばをおくと違和感が出てしまうかもしれませんが、ローソファであれば意外なほど馴染むはずです。

畳とソファ、高さの境界線をなくすことにより、どちらでもごろごろとくつろぎやすくなり、全体にくつろぎの空間が広がることでしょう。

畳2時間に座る、座椅子、座布団の上など、一般的に和室では床や床に近い位置で過ごすことが多くなります。

このようなことから目線はおのずと低くなるのです。

このような中で、背の高い家具に囲まれた場合には、圧迫感が出て落ち着くことができません。

テーブルや本棚などの家具も出来る限り低いものを揃えることが1つです。

見通しも良くなって開放感が得られ、リラックス時間がさらにのびのびとしたものになります。

できることならば夏であれば靴下も脱ぎ、裸足で開放感を全力で感じたいところです。

冬はこたつを取り入れて、同じ目線の高さで温かい時間を過ごすことができるでしょう。

フローリングに直に座るのは違和感があるかもしれませんが、畳であればどこでも座っても、寝転がっても問題はありません。

洋室と比べるとくつろげるスペースが格段に広いのが特徴であり、間取りの真ん中に位置することも多いので、実はリビングとして使うのにも非常に優れています。

しかしここで長時間過ごすとなると、お尻が痛い、背もたれが欲しいと言うことも出てくることでしょう。

このような時にローソファであれば、畳の上に座る、ソファの上に座る、みんなの目線が近くなるので、コミュニケーションもうまく図れます。

特に長く快適に過ごせるようになれば、家族団欒もより良い時間となることでしょう。

畳屋商事、襖や仕組みなどのように、本来であれば自然素材に囲まれている空間となっています。

さらに畳にはクッション性も高いので、赤ちゃんや小さな子供と一緒に過ごすスペースとしてもピッタリです。

寝転ぶ出るソファを置くことにより、親子のお昼寝スペースも作ることができるでしょう。

ローソファを置くことを決めた場合には、どのようなものを購入するのかを決めなければなりませんが、デザインやサイズ、素材も様々です。

まずは作りたい部屋から考えるのが1番です。

ナチュラルなのかレトロ、落ち着いた雰囲気にしたいのか、理想の部屋を考えることにより、そこに合うソファを選びやすくなることでしょう。

関連記事

  1. チェストが子供部屋の収納に活躍する理由を解説します

  2. 〈ワークスペース〉機能性抜群のデスクを選ぶポイントとは?

  3. 【テレビボード】失敗しない選び方のコツをお教えします

  4. お部屋が一気におしゃれになるサイドテーブルの魅力を徹底解説します

  5. ベッドフレームの正しい選び方を知って寝室を充実させよう!

  6. ロフトベッドとは?大人におすすめな理由をお教えします!

  7. 透明な家具を取り入れたインテリアコーディネートをご紹介します

  8. マットレスの寿命は何年?長持ちさせる方法をお教えします

最近の投稿

カテゴリー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP