【和モダン】畳ベッドを使って和の雰囲気を演出しよう!

人間は、眠ることがとても重要になりますが最近の人は和室よりも洋室の方が多いためベッドを利用しているケースが少なくありません。

ベッドと言えば、一般的に地面から30センチから60センチ位の高さになっており2階建てになると、さらに高くなります。

大人の顔あたりぐらいまで伸びていることが少なくありません。

一般的なベッドの高さの中でも種類がいろいろあり、和風のものを少なくないわけです。

和風のベッドとして知られているのが畳ベッドと呼ばれるものです。

和モダンの1つとして知られており、最近はひそかな人気になっているといっても言い過ぎではありません。

このような畳ベッドの特徴は、なんといっても和風な雰囲気が漂うことでしょう。

通常は、和室などに置かなくても良いですが、和室においてもマッチするのが大きな特徴です。

従来の価値観から言えば、和室にベッドと言うのはあまりにも雰囲気が異なりすぎると感じていたかもしれませんが、最近はそれを覆すような形ができたと言っても良いわけです。

つまり、和室にベッドを置いても全く違和感がないと言うのが大きな特徴かもしれません。

その一方で、洋室にもマッチするのが特徴でしょう。

もともとベッドと言うのは洋室で使われるものであり、そこで畳が敷かれていても全く気にならないわけです。

基本的に畳の部分は隠れますので、普通のベッドと何ら変わりがないでしょう。

和モダンの雰囲気が漂っているこのようなベッドですが、雰囲気を出すために他のオプションなどもあった方が良いかもしれません。

例えば、すのこを利用するパターンなどがこれに該当します。

一般的にベッドの中にはすのこが入っていますが、どちらかと言えば和風の雰囲気が漂っているでしょう。

それに加えて、柄などもとても重要になるかもしれません。

柄と言うのはいわゆるデザインの一緒になりますが、このデザインっていうのは実は最近非常に注目されています。

一般的なベッドとしての機能制は最低限必要ですが、どこの会社が出しているものも、機能性にはそこまで違いがありません。

しかも畳が使われている部分に関しては、高級な畳かそうでないかの違いっていうのはあるかもしれませんが、それぐらいしか機能性に差をつけるものはないはずです。

ところが、デザインと言うのは機能性の幅に比べると無限と言っても良いでしょう。

一般的に言えば、和風のものなので木目調などが魅力的かもしれません。

昔から日本にある家具などでは、木目調のものが多かったわけです。

そもそも素材自体が木目になる元となっている木材を使っていますので、当然と言えば当然かもしれませんが、長く使われていたのはやはり雰囲気がマッチするからでしょう。

そこで、木目調のものも非常によく売れており、茶色系のものは魅力的になります。

ただその一方で、あえて全く違うデザインのものも少なくありません。

例えば、かわいい花柄が描かれているようなものでも、例えば桜であればどことなく日本を象徴するようなものかもしれません。

それだけでなく、4歩のものと混ざっているようなものもあります。

例えば、フローリングなのに宿場合は、洋風のフローリングの模様にマッチしているものも少なくないわけです。

これらを利用することにより、多くの人は感動するかもしれません。

いずれにしても、魅力的なベッドである事は変わりありませんので、うまく部屋全体とコーディネートすることが重要になります。

それができれば、デザイン性をうまく生かすことができ満足度の高い部屋になることには間違いありません。

後は金額ですが、金額は50,000円位から存在しています。

高いものになると200,000円を超えるものがありますが財布と話し合うのが良いです。

関連記事

  1. 〈ローソファ〉和室と相性の良い理由を詳しく解説します

  2. 座り心地抜群の快適なソファを選ぶ時のポイントとは?

  3. マットレスの寿命は何年?長持ちさせる方法をお教えします

  4. 【テレビボード】失敗しない選び方のコツをお教えします

  5. 〈ワークスペース〉機能性抜群のデスクを選ぶポイントとは?

  6. 今流行りのすのこベッドって?選び方のポイントをお教えします

  7. 透明な家具を取り入れたインテリアコーディネートをご紹介します

  8. 洋服をおしゃれに収納できるハンガーラックの魅力とは?

最近の投稿

カテゴリー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP