デスクだけでドレッサーを実現!コーディネート実例をご紹介します

部屋の雰囲気は、その設備によって変わると言っても良いかもしれません。

設備といってもいろいろな種類がありますが、部屋の中で大抵どの家にも置かれているのが、テーブルやデスクあるいは机といったものになります。

テーブルと言うと大きなイメージがあるかもしれませんが、場合によってはそちらの方が魅力的な場合もあります。

例えばパソコンを二台を行って作業する場合などは、小さなものであればやはりおききれないと言う部分はあるでしょう。

しかもプリンターまで奥殿あれば、やはりそれなりのスペースが必要なため、少し大きめなディスクでも良いですが思い切ってテーブルのようなものを使っても良いかもしれません。

結局どちらを使う歌は、何を目的としているかによって異なるところです。

チェアーに関しても、魅力的なものが増えてきました。

一般的に事務仕事をする場合には長時間椅子に座っていることになります。

椅子に座る場合には、腰を痛める可能性が高いでしょう。

腰を痛める理由は、椅子の素材が柔らかすぎることにあります。

一般的には柔らかいものが良さそうですが、実はそうではなく適度に硬いものの方が腰がやられにくいです。

マットレスなども、直接椅子には関係ありませんがあまり安いものを購入すると、深く身体が沈んでしまい腰を痛める可能性があります。

それと同じように、長時間座って作業する場合、椅子のクッションが柔らかすぎると、それだけで腰痛の原因になることも避けられません。

それ故、適度な硬さが必要です。

例えば、通勤列車等に乗ったことがある人はわかるかもしれませんが、通勤列車の椅子に座ると少し固い感じがするでしょう。

実はあれぐらいの方がちょうど良いわけです。

もちろん通勤電車も、長時間座っている事は想定していませんが、それでも腰痛の人のことを考えそのような人を採用しているといえます。

一方ディスクのほうも注目しなければならない部分もあるでしょう。

リスクに関しては、機能性の高いものを利用するのが良いです。

例えば、伸縮自在のものなどがあるかもしれません。

伸縮自在のものは、横に1.5倍位の広さにできるため、例えばものをたくさんおかなければいけない場合はこれを利用することにより、わざわざ新しい机を買う必要はなくなります。

ただこの場合には、若干体中度が低くなります。

あまり重たいものをたくさんのすると、机が真ん中あたりから歪んでしまうため、大抵のものを載せるのは避けた方が良いかもしれません。

もっとも、ノート型パソコンやプリンター等を載せる場合であれば、そこまで大きな負担にはならないはずです。

ドレッサーなどを使う人も少なくありません。

ドレッサー型のものであれば、化粧ができるといったメリットがあります。

ただ、本格的なディスクで利用する場合には、少し役不足な点も否めないでしょう。

そもそも、ドレッサーに関してはもともとデスクとしての役割が少ないわけです。

あくまでも化粧する場所として利用するのが一般的といっても言い過ぎではありません。

このように考えると、それも使い方によってはうまく使える場合もありそうでもない場合もありますので、この辺には注目しておきたいところです。

どうせならば、両方ともを持つのが良いかもしれません。

両方とも使うことにより、より機能的になるのは間違いありません。

ただし男性においてはあまり関係ありませんので、その点は理解しておいた方が良いです。

男性の場合は、鏡は個別に購入し、それを使うときにだけ出すだけで充分です。

いずれにしても、その人が生活しやすいスタイルにすることにより、結果的により良い結果が生まれるかもしれませんのでよく検討してみるのが良いかもしれません。

関連記事

  1. お手入れがいらないフェイクグリーンのインテリア術とは?

  2. おしゃれなダイニングを作るポイントとは?事例とともに解説します

  3. おしゃれなバスルームを作るポイントとは?事例とともに解説します

  4. 一人暮らしにはソファベッドが便利!選ぶ時のポイントを徹底解説します

  5. おしゃれな和室を作るポイントとは?事例とともに解説します

  6. おしゃれな玄関を作るポイントとは?事例とともに解説します

  7. おしゃれなリビングを作るポイントとは?事例とともに解説します

  8. 収納家具を取り入れたシンプルなインテリアコーディネートをご紹介します!

最近の投稿

カテゴリー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
PAGE TOP